なぜ学生用クレジットカードというのが存在しているのか?

学生用クレジットカードの存在意義とは?

そもそもクレジットカードは、安定した収入がある方に対して発行されるカードで支払手段のために利用される存在です。その定義からすると収入がない学生は、クレジットカードを発行する対象に本来はならないはずなのです。ただクレジットカード会社には、特例として大学生などの学生に対してもクレジットカードを発行しましょうという考えや目的があるのです。その為に、収入のない学生であってもクレジットカードが作れるという学生用クレジットカードというジャンルが必要で、そのことが学生用クレジットカードの存在する意義と考えられます。

学生用クレジットカードを発行する理由は?

収入のない大学生や専門学校生などの学生に対して、クレジットカード会社が学生用クレジットカードというジャンルまで用意してカードを発行している理由としては2つ考えられます。1つ目の理由は、学生が卒業して社会人になった時のことを考えているからで、学生時代に自社カードを利用してもらい、社会人になってからも継続して使用してもらうといった意図があるからです。つまり、返済してもらえないといったリスクが多少あったとしても、早い段階で将来の優良顧客になる可能性のある学生を獲得しておこうといった考えです。2つ目の理由は保護者という存在があるからで、学生が返済できなくても保護者である親が返済してくれるので、カードを発行しても利用代金の回収に安心感があります。その為、クレジットカード会社では安定した収入のない学生に対してもにカードの発行を行っているのです。

学生用クレジットカードを1枚でも多く発行したいと考えている

クレジットカード会社は、先に触れた理由から学生用クレジットカードを1枚でも多く発行したいと考えているのです。それは、将来の優良顧客になる可能性を持っている学生が多ければ自社の利益につながるからです。その為、学生用クレジットカードは一般のクレジットカードよりも申し込み時の審査が比較的楽になっているのです。