学生用クレジットカードを作るにはどうすれば良い?

イメージを持って学生用クレジットカードを作る

学生がクレジットカードを作る場合には、現段階のことだけではなく卒業後も長い付き合いになることをイメージしておくことがポイントになります。例えば、導入期・成長期・成熟期と言った3段階でイメージしてみるのもひとつの方法です。はじめて学生用クレジットカードを作る場合には、使い易いカードを選択して利用することに慣れることです。ただ、先に触れたように今後のこともイメージすることが大切で、卒業後にどのような内容のクレジットカードに切替えになるのかを確認しておくこと必要です。ある程度利用に慣れてきたら最も利用が多く目的に適しているカードをメインカードにして、それ以外にサブカードとして複数枚持つことも考えると良いです。そして成熟期になったらゴールドカードなどのステータスカードを保有するのも良いです。その際には、以前のカードをサブカードにするのか、解約するのかを考えて判断することです。

学生用クレジットカードの作り方は?

利用目的や使い易さなどを考慮してほしい学生用クレジットカードを決めたら、クレジットカード会社に申し込みをします。クレジットカード会社によって違いがありますが、申し込み時には名前や住所・連絡先・家族の人数・借金の有無などの項目を記入することになります。記入漏れや記入間違い、ウソの記載があると審査が通らないこともあるので、正直に間違いなく記入するように注意することです。それから親権者の同意欄があって未成年の場合は親からのサインが必要になります。申し込みが完了するとカード会社の審査を受けます。

審査でみられる点は?

カード会社の審査で確認されることは何かというと申込者自身の信用度で、学生用クレジットカードを作ることは信用を作ることにつながるのです。つまり、信用があれば審査は通りますし信用がなければ審査は通らないのです。過去に公共料金や携帯電話の支払いを延滞したことで、審査が通らないケースは比較的多く見られるので注意することです。