学生用クレジットカードを持つ際に注意する点は?

現金と同じと考える必要がある

学生用クレジットカードを持つ際に絶対忘れてならないことは、クレジットカードは現金と同じであって、利用することはお金を借りることと同じということです。学生用クレジットカードには数十万円と言った利用可能枠が設定されているので、1枚のカードを持つことは数十万円の現金を持つことになります。また、カードで支払いできるのはカード会社が一時的に立て替えをしてくれているからで、カード会社に借金しているのと同じです。学生用クレジットカードを持つのなら、その点をしっかりと理解して大切に管理することが重要です。

計画的に利用して使い過ぎに注意

学生用クレジットカードを利用すると現金が減らないので、気付かないうちに使い過ぎてしまう可能性があります。数十万円という利用可能額を使い切ってしまい翌月の返済ができないというケースは少なくない話です。そのようなことにならないためには、1ヶ月で利用する額を事前に決めておくこと、利用額を確認できるようにしておくことが大切です。また、学生用クレジットカード用の銀行口座を別にしておくのも良いです。いずれにしても計画的に学生用クレジットカードを利用して使い過ぎに注意すること大切です。

カードの紛失・盗難に注意

数十万円の現金と同じ学生用クレジットカードですから、紛失・盗難・不正使用などには十分に注意する必要があります。もし紛失・盗難・ネットでの不正注文などがあった場合には、まずはカード会社に連絡して指示を受けると良いです。ほとんどの学生用クレジットカードには盗難保険が付帯されていて、被害の状況などを調査した上で返金対応などの補償されます。ただ保管・管理の仕方が甘い場合など、本人に過失があったりする場合には補償されないケースもあるので、保管・管理に関しては注意が必要です。それからカード裏面にサイン漏れがある場合も問題になるので、学生用クレジットカードを受け取ったらサインを必ずしておくことです。